XJAPAN Toshlの洗脳

90年代バンドブームの火付け役にもなったX(現XJAPAN)のボーカルToshlさん執筆の本です。40代の人なら、その頃の活躍を知らない人はいないと思います。派手な衣装と髪型がとても印象的なバンドで、音楽も激しいものをやったかと思えば、バラードも歌う。バンドのリーダーが」グランドピアノを弾くギャップも人気の秘訣だったと思います。そのバントのボーカルToshlさんが、突然バンドを脱退、その影響で解散となってしまった。脱退の理由が、当時の妻による洗脳だったと。もう衝撃でならない内容で、当時もワイドショーで相当騒がれて、全国津々浦々まで「XJAPANのToshlが弾き語りに来た」と話題になっていました。

行けばその地方の新聞・TVで取り上げられていたように思います。学校や福祉施設、小さな喫茶店、ショッピングモール。東京ドームを満員にしたバンドのボーカルが、地方で弾き語り。その裏には、実は妻と団体の代表からの洗脳が。そしてそのふたりの関係が。10年もの長いあいだToshlさんは休みなしで、働かされました。そんな中でさらにお金のためにXJAPANを再結成させられて。しかしそれが団体から逃れるためのきっかけとなったのです。読めば読むほどに「あのToshlさんが」と衝撃を受ける内容なので、一気に読み終わってしまいました。